10月のスイーツ懐石

更新日:8月16日

おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


予定通り18日と19日に行った、10月のスイーツ懐石は、栗と柿がテーマでした。


でも、初めは梨の温かいスープから。


豆乳を少量使い、ほの甘く仕上げてあります。


まず、体も心も温まっていただいて、それからいよいよケーキです。


イチジクのカスタードパイ。

ドリンクは冷たいドクダミ茶。


熟れきった黒イチジクを佐渡から取り寄せ、プリザーブを作り、カスタードと合わせました。

しみじみと美味しい。












パイをこのように飾り付けしたのは初めてでした。とても楽しいものでした。


ミルフィーユサラダ。


柿にはレモンを、蕪にはハーブと岩塩を下味に。


セルフィーユを香りづけに。


次はいよいよメインです。


可愛らしいモンブランの数々。


右から、栗渋皮煮が一つ入った和栗のモンブラン。

    生のみかんをひとふさ入れ、乾燥みかんが乗った金時芋のモンブラン。

    イタリアの栗が仕込まれた、紫芋のモンブラン。

    最後はかぼちゃのモンブランでした。


2回目の口直し。

もはや恒例となったもちもちパスタです。


今回は柿とスモークサーモンにディルを合わせたパスタ。出汁には、濃厚なハマグリを使用。


もう一つのメインと言えるかもしれません。


この次に、かぼすの効いた、透明なドリンクゼリーがあったのですが、写真を撮り忘れました。

最後には、こちらも恒例となりました。


抹茶と和菓子。


今回は栗の渋皮煮を再び使い、白餡とともに最中にして