魚卵盛り合わせ

 こんにちは。

 小田急線は百合ケ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


 「たまり」に見える、日本酒党の常連さんの間で人気なのが、佐渡から届く様々な魚の腹に宿した卵たちの盛り合わせ。


 命をいただく私たちは、何一つおろそかにしてはいけないと常日頃から肝に命じている私の、渾身のメニューです。


 この一皿に、5種類の卵が盛り込まれています。


 この日は、左から「トビウオの卵」、「ランプフィッシュの卵」、「ソイの卵」、「真鱈の卵」、「ウマヅラハギの卵」。


 ソイは、北海の有名な高級魚で、メバルの仲間。佐渡からはちょくちょく届く魚です。

美しい青い卵を宿します。

 この卵を上手に塩漬けするノウハウを体得するのに、私は愚直に5年かかりました。

圧倒的な美味しさに仕上がっています。


 いつもある、とは限りませんが、お勧めの逸品です。



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示