漬物作りにはまっています。

おはようございます。

百合ケ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


私は普段、柿生生産者組合販売所(だったと思う)で野菜を購入します。

この柿生生産者の販売所というのは、JAさんが今のように消費者に直接売るようになるずっと以前、60年もまえから、このような形態をとっていた、いわば直販の先駆者であるそうです。

今は、ナスや、キュウリが山のように積み上げられています。


形が悪かったり、育ちすぎていたり、ちょこっと傷があったりしてとても安く売られているものを、この頃漬物にして、お客様に喜ばれています。


下の写真の真空パックはきゅうりとナスの福神漬け。私の福神漬けは、分けて欲しいと言われるほど評判がいいんです。

福神漬けは、優れた日本のアチャール。

この頃定番の「牛スジのスパイシーカレー」には欠かせません。


お隣上はサラダ茄子を美味しい佐渡の塩で漬けたもの。シンプルなだけに、材料の可否が問われます。


その下は、取れすぎた大葉を塩もみしてアクを抜き、野菜と和えるように漬けたもの。


写真はありませんが、この時期に必ず作るものにゴーヤの梅酢漬けがあります。

珍しく、美味しい漬物です。


そして、今年、初挑戦したもの。

上の写真のナスの辛子漬け。白味噌を加えて、こってりコクを出しました。


来週あたりが食べごろです。


たまりの自家製漬物盛り合わせ。どうぞご賞味ください。








13回の閲覧0件のコメント