五反田時代の、、、、

おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


昔の名刺が出て来ました。

今まで手付かずの夫の部屋のホコリだらけの一隅を、彼がやっと着手し、、、、

(ほかが綺麗になり過ぎたので、追い込まれてのことだと思いますが。)

私がなんでも捨てるほうに投げ込むので、

「俺まで捨てられると困るから」とか言いながらの作業、、、、

の、中で、出て来ました。


今見ると、なかなか分かりやすくていいなあ。

その頃茜色だった暖簾に合わせた、茜色バージョンもあって、それも好きだったなあ。


作ってくれたデザイナーさんは、数年前に亡くなってしまい、奥様の意向で誰もお見舞いにもお葬式にもお線香あげにもいかれないまま。

人の縁って本当に不思議で深い。


ご冥福をお祈りします。




11回の閲覧0件のコメント