ワンピースを染めました。


おはようございます。


百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


美術の学校にいた頃、着ているものを次々と染めては脱色してまた染め直す、というのが流行っていました。


やがて、生地がボロボロになるのですが、それも、なんだかかっこいいということになっていました。


若さがそれを着こなしていたのでしょうか?


お気に入りのワンピースが、ブリーチの飛び跳ねで台無しになり、群青色に染め直したいと思いました。

探しましたが、群青色の染め粉はなく、自分で作ることにしました。

「インディゴ」と「パープル」混ぜたら、こんな色。


うちの家訓は、「ないなら作れ。壊れたら直せ。」


楽しい人生です。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示