たまりの肉料理ご賞味あれ

おはようございます。

百合ケ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


ある日のこと、、、

もう、6、7年前のことです。


ぞの頃足繁く通ってくださっていらした常連さんのある一言。


「たまり、魚が旨いのはわかるんだけどね、この店の、肉料理が喰ってみたいんだよねえ」


そこで、タマリは頑張った。

まずは、タスマニアビーフのタタキ。

芯まで味のしみた、常連の方は必ず頼まれる逸品。

そして、この「おいしいチキン」。

名前のつけ方がずるい、と言われるけど、こうとしか言いようがない。

チキンの美味しさは皮のパリパリ感。

そのためには、とにかく時間をかけてじっくりと焼く。

弱火ではパリパリにならない。強火では当然焦げる。

皮以外はジューシーじゃないといけない。

そして、ソース。決して上にはかけない。

皮のパリパリが台無しになるから。

旬の時に採った花柚を丸ごと、刻んで漬け込んで半年寝かせたソース。

甘くてほろ苦い大人の味。


そこのあなた、、、、ね、食べたくなったでしょ?

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示