6月16日(水)、17日(木)スイーツ懐石

更新日:8月16日

テーマは枇杷、メロン、そしてチョコレート

1、 まずは、メロンとヨーグルトの冷たいスープから。

メロンは赤肉のクインシーを用い、比較的さっぱりと仕上げました。


2、 昨年7月から始まったこのスイーツ懐石では初めてのティラミスです。

クリームに、火を通した枇杷を忍ばせ、上にとってきたばかりの生の枇杷を飾りました。

濃厚には仕上げず、さっぱりとした味わいのクリームに、スポンジも、苦めのガトーショコラを用いて大人のティラミスに仕上がりました。


3、マンゴー、キウイ、野甘草の花、フェンネルとイタリアンパセリの花のサラダです。

ドレッシングには甘夏の特製ドレッシングを用い、アガベシロップで甘みを加えてあります。

4〜7、焼き菓子4品です。


・たまりでは定番の枇杷のパウンド


・キウイのクラフティー


・メロンのシュークリームには、果肉100%のゼリーとホイップクリーム、マスクメロンを一切れ入れ込みました。



・オレンジのフォンダンショコラは熱々に温めて提供。オレンジの香りと甘さに苦味の効いたチョコレートがベストマッチです。


 この焼き菓子の時には、必ずたまりブレンドコーヒーか、佐渡島から取り寄せている、佐渡野草茶をお出しします。


 種類はいくつかありますが、スイーツには「無花果ブレンド」をお出しします。佐渡で育った無花果、アカメガシワ、トビシマカンゾウ、サルトリイバラなどの野草が8種類ブレンドされた、香り高い、おいしいお茶です。


 コーヒーは、挽きたての粉をその場でお淹れします。






8、ひょっとすると、スイーツ懐石の中で一番人気かもしれません。


 テーマの果物と、魚介類を合わせたほんの一口だけのオリジナルパスタ。


 独特の麺が食欲を呼び戻してくれます。


「月に一度はあのパスタが食べたくなる。」と、毎回スイーツ懐石に訪れてくださるかたがいるくらい。


 今回は、万能果物メロンと、佐渡の生シャケ、フェンネルを合わせました。


9、6月はたくさんの果物が出回る、豊かな季節です。


 そこで、フルーツパルフェを作りました。

オレンジ、メロン、マンゴー、台湾パイン、山梨のさくらんぼ、キウイ。

底にはサブレクッキーを砕いて敷き詰め、レクチェのシャーベットと、イチゴのアイスクリームを合わせた贅沢さ。


 あえて生クリームは使わず、あっさりと果物を味わっていただけるように作りました。