3月スイーツ懐石

更新日:8月16日

おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。



3月17、18日とスイーツ懐石を行いました。


テーマは「 桜 〜 三月 」


難しいテーマで苦しみましたが、美しく仕上がったと思います。

とても勉強になりました。


ご覧ください。






また、今回の様子は、インスタで

ナナカマド アマコさんが詳しく書いてくださっているので、こちらもどうぞご覧ください。

   https://www.instagram.com/p/CMhhUH2gdQM/?igshid=1faaphdls80j2



まずは山に行って、草花を摘む所から、「たまりのスイーツ懐石」は始まります。


山は、今花盛りで、桜はもちろんミモザ、ナズナ、菜の花、椿など、手を休める暇がありません。


桜の花びら、蕾、新芽を使ったゼリーと、さくら茶で始めます。


生の桜に、熱いゼリー液を注ぐことで食感を出しました。透明のゼリーと、ヨーグルトを若干加えたものとの2層になっています。



パティシエの経験も、勉強もした事のない私は、この「たまりのスイーツ懐石」が始まってから、毎回いくつもの初めての挑戦をして来ました。

今回は、生まれて初めて、フルーツサンドに挑戦。

乳製品アレルギーだった私は食べたことすらありません。


色も味も濃いブラッドオレンジを用い、クリームにはフレッシュクリームに水抜きヨーグルトを加え、甘味は蜂蜜を使用しました。


ちなみに本日のノンアルコールカクテルは、苺と桃のスカッシュに生クリームとキウイを浮かべて。



さて、今回、「たまりのスイーツ懐石」でははじめてでしょうか?  花の天ぷらをお出ししました。


通常営業の時のたまりでお出しする「畑の天ぷら」には、

基本、私が手ずから積んだものをお出しします。今回も、前日に摘み取ってきた、吉垣花園さんの草花をお出ししました。


いつもと違うのは、そこにグラニュー糖を添えたこと。

天ぷらがスイーツになる瞬間です。


上から 桃、菜の花、

    椿、ミモザ、土筆、スミレ

    桜の葉

次は焼き菓子です。