猫と私 ポチ その3

 おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


 診断は左足骨折。

 自転車に巻き込まれたのではないかということで、何箇所も折れており、切断するしかないということでした。


 そのお医者様は、こういう言い方には語弊があるとよくわかっているのですが、とても「いい方」で、費用は拾ってしまった私と折半。飼い主も探してくださるということでお願いしてこの日は帰宅しました。


 無事手術も終わり、安静期間も過ぎて、その間何度か息子たちも連れて会いに行ったりしたのですが、中々飼い主さんは現れません。

 何しろ後ろ足の片方ない身体障害猫で、また幼いというのもネックであったかと思います。


 これは、助けた人間に責任があるかなと腹を括り、新しい家族として受け入れる覚悟をしました。


 なにせ、猫は20年生きますから、それなりに覚悟がいるのです。


32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示