猫と私  ポチその17

おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


ポチは、この二匹を段々と分け隔てするようになりました。

私にはそれがとても違和感のあることに見えました。

ポチは赤ん坊の時からすこぶるフレンドリーな子でした。こういった親和性というものは、どこからどういう形で育つのでしょうか?

少なくともポチは、生まれたばかりで恐ろしい事故に遭い、瀕死で路端に放置され、消毒液の匂い充満する病院でひと月を過ごし、左後ろ足を切り落とされ、そのあとダンボールに閉じ込められて見知らぬ家に連れてこられた。


どう割り引いても悲惨な赤ん坊時代です。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示