猫と私 ポチその22


 猫というのは、実に個性的です。

当たり前ですね。

犬君だって、人間君だって、同じ人は一人もいない。

みんな感じ方も考え方も違う。

そもそも身体が違うのだから、違うのが当然。


と、私は思うのだけれど、そうはいかないのが世の中で、そんな世の中でクラス我々人間どもを横目で見るともなく、流しながら、飄々と生きていくのが猫のように思います。


 みーちゃんはそんなこんなしながら、結局私たちの家に帰ってくることはなく、何があったのか、いつの間にか姿が見えなくなりました。


 それでも、次男が幼稚園に通っている間はずっと送り迎えをしてくれて、どこでどんなふうに車が到着するのがわかるのか、いつも皆で不思議がっていました。



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示