猫と私 ポチ その10

 おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


 ある、夏の日のことです。


 その頃の自宅は、50坪ほどもある築60年余りの和風建築。昔懐かしい木の家でした。

破格でお借りしていたのですが、どこをどういじってもいいよと言われ、いたずら盛りの男子2人を思いっきり走り回らせられるスペースと自由がありました。


 気まますぎて、ある時など、あまりのいたずら書きと襖の破れに悲鳴を上げた私が決心し、襖を薄ベニヤに貼り変え(自分でやった)模造紙を貼って子どもたちを呼び(男の子の仲間は、みーんなおとこばっかり)いたずら書き解禁するなどということもありました。


 さて、そーんなある、夏の日。

私は得難い光景を見せてもらうことになりました。


 16畳のリビングにまだ小さなポチがいます。

そこにミーちゃんがやってきます。口には、セミを咥えています。 そのセミをポチの前に放つのです。

セミは少し痛められていて、動きが鈍い。ポチは興味深くその様子を伺います。やがて、恐る恐る片手を出して、そのうちに追いかけて、、、遊び始めます。


 その様子をじっと眺めていたミーちゃんは、静かに出かけていって、すぐにまた、次のセミを連れてきます。


 そうやって、じきに部屋の中はセミだらけ。

短い一生を過ごす蝉には本当に気の毒ですが、そうやって、ミーちゃんは親でも子でもないポチに狩の仕方を教えたのでした。


 猫の世界を垣間見た気がしました。


29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示