大正時代の茶箪笥

おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。

独身の時、経堂の古道具屋で見つけて、どうしても欲しくて買っちゃった茶箪笥です。


古いものはいいですね。特に、木のものは、年月に従って味が出て来て素敵になります。(自分が古いから言ってるわけじゃあ無いんですよ。念のためね)


でも、やはり、色々ガタが来ていて、その度に直して来ました。


今回は、下の引き戸が上からの重さで動かなくなり、無理に引いたら壊れちゃいました。


「ないものは作れ、壊れたら直せ」


家訓なんで、直してみました。

直ったかな、、、、。







13回の閲覧0件のコメント