原爆の日。Nagasaki

おはようございます。

百合ケ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


 長崎には、15年ほど前に一度、この9日の平和式典に合わせて訪れたことがあります。


 長崎は山に囲まれた典型的な盆地で、だからこそ、焼かれる温度もたかく、爆心地には、その地の住民すべてが焼き尽くされてしまったために、地名を残すことすら危うい地域もあるそうです。


 もう、その頃すでにご高齢のガイドさんに伴われて、坂ばかりのかの地をあるきまわりました。


「盆地じゃったから、範囲が広がらなかったんじゃ。わしらが助かるために、焼かれたもんはひどく焼かれたんじゃ」と、その方はおっしゃいました。


 これは、広島であったか、長崎であったか、記憶が定かではありませんが、ある時、こんなことを言われたことがあります。


 「この日は、静かにしておいてもらいたいんじゃ。わしらにとっては、死んだもんの命日なんじゃから」


 それから、私は決して原爆の日に原爆の地を訪れることはしなくなりました。





11回の閲覧

― 陶芸ギャラリー 隠れ家和菜 たまり ―

​営業時間​:

<水、木、金、土、日 >

昼営業 水〜日 11:30〜16:00

夜営業 金、土 18:00~22:00

    水、木、日 予約営業

<月、火>

定休日

住所:神奈川県川崎市麻生区高石1-11-1 1F

※小田急線百合丘駅から3分
(百合丘駅北口に出て,左の坂を降りる。ミニストップの丁度裏側に出るように左側の道(みね屋さんと毎日新聞さんの間)から回る。目の前の坂を登り、T字路を2つ過ぎると左側にあります。)

tel:044-951-1603

Email:tamari.yurigaoka@gmail.com

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean