佐渡人のソウルフード

おはようございます。

百合ケ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


佐渡はとにかく海藻の美味しいところなんです。

種類もたくさんあって、佐渡の方々はとてもよく召し上がるんです。


中でも、この「イゴネリ」っていうのは、旅館に行っても、ホテルに泊まっても、民宿でも、人ん家に泊めてもらっても、必ず朝出てくる。


私たちの納豆みたいな感じでしょうか。


「エゴ」と言う海藻を煮溶かして、バットに流して冷やし固めると、ちょうどこんにゃくみたいな食感になるんです。それを細く切ってネギと醤油で食べる。

シンプルなそれがとっても旨いんです。


まさに佐渡の人のソウルフード。


しばらくお客様が途絶えていたので取り寄せるのを控えていましたが、たっぷりと入荷しました。

うちは、「早助屋さん」とこのを使っています。


久しぶり。私もいただきましょう。


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示