今日は広島に原爆が落とされた日です。

おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


 私の陶芸のお師匠さんは、陶器で、「原爆で焼かれた人の顔」を作っている人でした。

 2000度とも言われる原爆の炎を、1300度の窯の火になぞらえて、灼熱に焼かれた人たちの顔を作っていました。


 広島で個展をした時に、被爆者が訪れて、

「こうだったんです。人は焼かれて、このように焦げただれたんです。」と、話してくれたそうです。


 10年働いたお師匠さんの工房を離れ、いく当てのない27歳の私は、広島に行くことにしました。

「こんなお師匠さんに師事したのに、私自身は何も広島のことを知らない。」

と、感じ、広島に住んでみようと思ったのです。

 ヒロシマのことは、今だに整理のつかないことです。

 ただ、

惨たらしい現実から目を逸らさずに、そして、決してこのようなことを再び起こさない、 そのために自分ができることは何か、を、考えることをやめないことが必要なことなのだろうと、この日、この時間を迎える時、いつも思うのです。


 できることなど、ないかもしれない。

でも、心の中は自由。

思いを馳せることは、誰にでもできることですから。


 そして、そのことが、力になる時が来る、と、信じているのです。


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示