こんなふうに作ってます。

おはようございます。

百合ヶ丘の隠れ家、佐渡市公認の店「たまり」の女将で陶芸家のクメ タマリです。


先日の「スイーツ懐石」の様子を宣伝したら、


「和菓子まで作っているの?」


というご質問をいただきました。


そうなんです。他から買って来たものをそのままホイっとはお出しできないのが「たまり」でありまして。


と、いうわけで、9月の和菓子はこんなふうに作るっていうのを、ご紹介します。


1、白インゲン豆を煮ます。→裏ごしします。

2、1に紫芋の乾燥粉末を混ぜ合わせていきます。→ハラッとするような固さまで。

3、白花豆を煮ます。

4、ラップに花豆を並べ、その上に2を適量乗せて、キュッと茶巾を作ります。

5、しばらく馴染ませてから、さらに盛ります。

この時は、他のお菓子にあまりお砂糖を使わなかったので、最後に甘さを強く出したく、甘みをしっかり感じられるようにしました。


次回「スイーツ懐石」、10月は14、15(水、木)です。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示